はじめての方へ 不安を取りのぞくことを大切にしています

インプラント治療の流れ

1カウンセリング

インプラントが可能かどうか、ご自身にとって最も良い選択肢になり得るかどうか、これからの歯の健康と治療のゴールのイメージを患者さまと一緒に考えられるように、お話をすすめて行きます。

2CT撮影

骨の幅や長さ質などを総合的に判断するための診査診断のためCT撮影を行います。

3画像診断および診断用模型作製用の型取り

撮影したCTやお口の中の模型をもとに診査診断を行います。

4撮影したCTやお口の中の模型をもとに診査診断を行います。

必要な虫歯治療や、抜歯処置など適切な処置をおこないます。

5インプラント埋入手術(1次手術)

手術は局所麻酔で行います。ほとんどの場合、術後の腫れと痛みは軽度です。処置時間は1本あたり約20分です。完全に粘膜を閉じる1回法と粘膜上に露出させる2回法とがあります。

61~6ヶ月の待機

インプラントと骨が十分に結合するまで待つ期間が必要です。期間は骨の状態などによって個人差があります。インプラントの種類によっても期間は異なります。

7術後1ヶ月ごとの経過観察

定期的に手術部位のケアや定着状態の確認をします。

8インプラントの露出手術(2次手術)

1回法で行った場合に歯肉を切開しアバットメントと呼ばれる土台を取りつけ粘膜上に露出させます。1回法の場合は不要です。

9型取り

2次手術後十分粘膜が治癒した後に型取りをおこないます。

10仮の歯の装着

最終的な歯が装着される前に確認が必要な場合、一度仮の歯をお作りして日常生活を送って頂き経過観察します。

11試適

作製途中段階で、適合が良好か確認することがあります。

12最終補綴物装着

噛み合せ、周囲の歯とのバランスを調整した後装着します。

13装着後経過観察

装着後の経過観察を行い問題なければ治療完了です。

14定期メンテナンス3~6ヶ月ごと

治療完了後も定期的に来院いただき経過観察とメンテナンスを行います。

インプラントでよくあるご質問

Q:インプラント治療に年齢制限はありますか?

A:概ね18歳以上(骨の成長がほぼ終了した段階)で特に問題が無ければどなたでもインプラント治療を受けていただくことができます。基本的に年齢の上限はありません。

Q:内科的な病気があっても大丈夫ですか?

A:受診されている医師の指示のもとに充分管理されていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。現在の病状をお聞かせください。

Q:歯周病でも大丈夫ですか?

A:歯周病になっている方はお口の中の清掃状態の悪い場合が多く、そのままではインプラント治療を行うことはできません。治療と正しい歯磨きを身に付けることで歯周病を改善した後インプラント治療に臨まれることをおすすめします。

Q:インプラントがうまくいかない、ダメになる事はないのですか?

A:残念ながら、インプラント治療は100%ではありません。インプラントの成功率は98%前後、生存率は(継続としてお口の中で問題はなく機能している率)は5〜10年で90~95%程度です。定期的な検診とセルフケア(ブラッシング等)を十分に行う事で長期間に渡って問題なく使っていただく事が可能になります。

Q:インプラントは何本必要ですか?

A:抜けた歯の本数に対して必ずしも同じ本数のインプラントは必要ありません。
連続した歯の欠損の場合、おおよそ欠損歯数の半分程度の本数が必要です。
また特殊なインプラント治療として全ての歯を失った場合2〜4本程度の少ない本数のインプラントを埋め込み、アタッチメントを接続して“外れにくい”“沈まない”快適な義歯をお作りする事が可能です。
※アタッチメント義歯とは・・・
インプラントとアタッチメント(維持装置)を活用することで入れ歯の安定性を高め、最適な噛み合わせを再現する治療方法です。

Q:治療期間はどのくらいかかるのですか?

A:一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、インプラントの種類や骨の状態にもよりますが、1~6ヶ月間かかります。その後歯をお作りするのに1〜2ヶ月程度を目安としています。

Q:治療の間、歯がない所はどうしますか?

A:見た目が問題になる箇所は一時的な仮歯や入れ歯をお作りして装着します。

Q:手術の際には入院が必要ですか?

A:ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は激しい運動は避け安静にしてください。

Q:インプラントはどのくらいもちますか?

A:インプラントはチタン製でとても安定した金属ですので大きな問題が起こらなければ非常に長い間お口の中で機能します(海外で40年以上。国内で35年以上の報告があります)。しかし歯磨きが充分にできていないとインプラントも天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨が溶けてグラグラ動いてしまいます。このようになったインプラントは取り除くしかありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯磨きをして定期的にメンテナンスを受けていただくことがとても大切です。

Q:インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

A:局所麻酔をしてから手術をおこないますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい1本あたり約20分程度です。術後も痛みはほとんど無いか軽度です。時々数日間痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐにおさまります。

Q:手術後の注意は?

A:腫れている間は食事がしづらくなることがあります。また、感染しやすい期間でもありますので食事は通常で構いませんが特に硬いものや刺激物は避け下さい。翌日くらいまでは軽微な出血が続くこともありますが、強くうがいはしないで下さい。また大きく強く口を開けることを避け、お薬は指示どおりにきちんと服用してください。

Q:インプラントにした場合MRI検査は受けられますか?

A:一般的なインプラント治療であればMRI検査にも全く問題ありません。

Q:インプラントにした場合のメリットを教えてもらえますか?

A:ブリッジ治療と違い噛む力を受ける歯の負担が少なくて済み、周りの歯を傷つけることもありません。また取り外し式の入れ歯と違い違和感もほとんどなく力強く噛む事ができます。

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982