セラミック治療で美しい歯と歯並びを手に入れたい方へ 審美・美容歯科

アンケート調査で異性の第一印象で、綺麗でないとがっかりする第1位は「口元」だそうです。
また恋人や配偶者における身だしなみにおいてきれいでないとがっかりする部位は「髪」に次いで僅差で「口元」が挙げられています。
清潔感や上品な第一印象は健康的な美しい「口元」から生まれると言ってもいいのではないでしょうか。
美容外科・城本クリニックの連携歯科クリニック「しろもとデンタルクリニック」として審美・美容歯科治療には強みを持っています。豊富な経験から“美”を追求し、洗練された審美歯科治療を提供しています。

審美・美容歯科治療の概要

ホワイトニングでは改善しない歯の変色、銀歯、前歯のすきっ歯、歯並びの乱れ、過去の治療の不具合による見た目の悪さなどは、セラミック治療で治すことができます。
金属を使用する治療と比較してセラミック治療はアレルギーもなく、金属独特の感触もありません。
また歯の固さに近いセラミックを用いることで、自然な噛み心地が再現できます。手作業による作製には熟練した技術が必要です。このため当院では経験豊富なセラミック専門の歯科技工士(セラミスト)に作製を依頼しています。

当院の審美・美容歯科の特徴

セラミック治療では歯を削ることで治療を進めていきます。
多くのクリニックでは治療がスタートしてから最終的な歯が出来上がるまでの間に見た目の悪い“仮歯”が装着され、患者さんに我慢を強いることがあります。
当院では歯を削ったその日に見た目の綺麗な“仮歯”をお作りすることで、ほんのわずかな期間であっても“見た目が悪い”“みっともない”といったことがないように、むしろ仮歯の段階ですでに、治療前と比べても美しくなって帰っていただけるように治療を進めていきます。
また仮歯は最終的にお作りするセラミックの歯をシュミレーションする目的もあります。歯の大きさ、長さ、形、傾斜、そして全体的なバランスを視覚的に再現して作り込み、御希望通りの納得のいく理想的な結果へ導いていきます。
最終的に作製されたセラミックの歯においても、わずかな誤差や色の不調和があった場合は、出来る限りの作り直しを致します。これらの積み重ねこそが当院が優れた結果を出し続ける理由です。
多くの経験から、何をどうすれば理想的な結果が出るかを熟知した、これこそが洗練されたセラミック治療です。

特殊なセラミック治療

セレックによるセラミック治療

セラミック用3Dプリンター(CEREC)でインレーやクラウンを作製することで質の高いセラミック治療を短期間、低価格でご提供することが可能です。

連結出来ないため1本ずつの治療や複雑な色の調合が不要な部位の治療に適しています。

セラミック治療の種類

セラミッククラウン(白いセラミック製のかぶせ物)

前歯でも奥歯でも行える治療法で、歯並び、色、形を美しく自然にします。歯の全周を削り(約1~1.5ミリ)セラミック製の歯をかぶせる方法です。色の変わってしまっている歯はもちろんのこと、大きさの不揃いな歯、隙間のあいている歯、歯並びに問題のある歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。神経に問題がなければ3回程度の来院で終了する審美歯科の代表的な治療法です。

ラミネートベニア (歯の表面を薄く削り、審美性の高いプレートを貼付け見た目を改善する方法)

主に前歯に行う治療法です。色、形、長さ横幅などを改善し隙間なども整えることができる治療法です。歯の表面(約0.6~0.9ミリ、エナメル質の部分)を薄く削ることで歯へのダメージを極力少なくして白いセラミック製のプレートを貼り付ける方法です。 2~3回の来院で終了し、とても自然に美しく仕上がる治療法です。

セラミックインレー(歯を削ったあとの穴に詰める詰め物)

セラミックインレー(歯を削ったあとの穴に詰める詰め物)
歯の部分的な虫歯や銀歯を改善するために、歯の一部分を削りセラミック製の詰め物でカバーする方法です。

  • ハイブリッドセラミックインレー
  • オールセラミックインレー
  • オールジルコニアインレー

があります。ご希望によって必要な強度、色調、治療の箇所などによって選択をしていきます。

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982