歯を失ってしまった方へ after tooth loss

むし歯や歯周病、事故など失った場合の治療法には、入れ歯治療、ブリッジ治療、インプラント治療があります。
入れ歯治療やブリッジ治療は、その設計や素材に制限はありますが、保険範囲内での治療が可能です。

歯が無いままの状態で日常生活を送っていると・・・・

  • 食べ物の咀嚼が悪くなり咀嚼効率が悪く消化が悪くなる。
  • 残っている歯への負担が大きくなり悪影響をおよぼす。
  • 噛む回数が少なく満腹感が得られにくいことなどから生活習慣病の原因になる。
  • 全体的な歯並びのバランスが悪くなり噛み合せが悪くなる。

など様々な弊害が考えられます。

良いことは何一つありません。失った歯の数や部位によっても弊害の程度は違いますが、たった1本の歯を失った時から少しずつ悪影響は始まっていきます。また放置していると残っている歯が悪化するスピードも益々速くなっていきます。

それぞれの治療の利点・欠点

ブリッジ治療

ブリッジ治療の利点
  • 保険適応があるため治療費の負担が少なくて済む。
  • 自分の歯のような感覚で噛むことができる。
  • インプラント治療に比べ治療期間が短くて済む。
ブリッジ治療の欠点
  • 隣の歯を大きく削る必要があり、神経の処置が必要になることもある。
  • ブリッジのかぶさる歯への力の負担が大きくなる。将来ブリッジで連結した歯に問題を起こすことがある。
  • 欠損の本数や部位によってはブリッジ治療そのものが不可能となる。

入れ歯治療

入れ歯治療の利点
  • 保険適応があるため治療費の負担が少なくて済む。
  • 隣の歯を削る必要がほとんどなく歯への負担が少ない。
  • 欠損の本数に関係なく治療が可能(1本欠損から無歯顎まで)
  • インプラントに比べて治療期間が短く済む。
入れ歯治療の欠点
  • 違和感がある。
  • 食後や就寝時は取り外して管理する必要があるため、わずらわしさがある。
  • インプラントやブリッジと比べて噛む効率が悪い。

インプラント利点・欠点

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982