2017.05.10更新

インプラント治療は埋め込み手術を行う部位の骨の量によっては治療が難しい場合があります。

その場合は下の親知らず辺りや下顎の前方からご自身の骨を移植する事が最も良い方法だと考えられてきました。

しかし最近では人工の骨が使用される事が多く見受けられます。

その理由として

①手術のダメージが少ない

②人工骨の材料の安全性が高い

③ご自身の骨は吸収が大きく減ってしまう

などが挙げられます。

場合によっては傾斜埋入法(3iテクニック)と呼ばれる方法でわずかな骨が残っていれば、人工骨を使用しなくともインプラント治療を成功に導く更に安全性の高い科学的根拠のある手術テクニックもあります。

いずれにしてもインプラント治療を行っていると教科書通りの単純な治療法では困難な場合も数多く遭遇します。

患者様のお口の中の状態は皆様違いますので、誰一人として同じ条件の方はいらっしゃいません。

最小限の体の負担で最大の効果を得る方法は何なのかを十分に診査診断の上で決定して行くには手術治療のオプションを沢山持ってるに越した事はありません。

他医院で難しいと診断された方であっても治療の可能性は十分ありますのでお気軽にご相談下さい

 

2017.05.10更新

当院の治療は口腔外科治療、インプラント治療、審美セラミック治療、歯並び治療、一般保険診療を行っておりますが、特にその中でもインプラント治療のご要望を多く頂いております。

地域では数少ない口腔外科の専門医が診療にあたっている事から、学会のホームページの「あなたの街の専門医」から(https://www.jsoms.or.jp/public/machi/aichi/)検索いただきいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。。

そういった事から口腔外科関連の治療が可能なクリニックをお探しの方が来院いただく事が少なくありません。

インプラント治療以外にも、親知らずの抜歯、舌や歯ぐき唇、頬粘膜のできものの診断および処置など専門性の強い処置が可能です。

以前にも書かせていただいた事がありますが、インプラント治療の基本が口腔外科処置が中心となっています。

私自身が大学病院でもインプラント外来で診察させていただいていたことから、中〜高難度治療なども数多く手がけて参りました。

一般歯科治療はもちろんのことですが、特殊な技術と知識を持った歯科医師としてできる限り来院される皆様のお力になれれば幸いです。

気軽にご相談いただけるよう敷居の高くない皆様の来やすいクリニック作りを心掛けております。

2017.05.10更新

インプラント治療は高額であることは多くの皆さんがご存知かと思います。

しかしインターネットで検索するとクリニックによって値段にもかなり開きがあります。

何がどう違うのかがわかりにくいかと思います。当院でも使用材料やメーカーによってバリエーションがあります。

特にインプラントそのもののメーカーは日本国内で販売されているだけでもかなりの種類がありその数は50種類近いとも言われています。

世界的に販売数上位のメーカーからマイナーなメーカーまでありますが、インプラントのパイオニアメーカーであるスウェーデン製、スイス製のメーカーはいわゆる老舗で40年以上の歴史の中で多くの実績とデータを持って研究開発がされ現在に至っています。その他にはアメリカ製、日本製の中堅メーカーや韓国製などのいわゆる後発メーカーが存在しています。

それらのどれを選択するのかによって費用を抑えた材料を使用する場合は患者様に還元しています。治療を簡易的にしているわけではありません。

同じ治療方法、同じ手技で行っています。

口腔外科専門医として培った治療技術は全ての方に同じく提供できるよう心掛けながら、何が違うのかをご納得のいく説明の上で様々な選択ができるようにしています。

費用の高いものだけでもなく、費用の安いものでもありません。それぞれの方に合った治療法を提供できるかと思います。

最善の方法でよく噛める喜びを感じていただければ幸いです。

 

 

 

2017.05.10更新

少しずつ年齢を重ねると、病気無く健康でいる事の素晴らしさを痛感する事が多々あります。

歯を失った人にはよくわかると思いますが、たかが歯、されど歯ではないでしょうか。

まず少数の歯を失います。それを放置して残ってる歯でたべれるからまだまだ大丈夫と思ってるうちに負担が大きくなった残った歯も失う事になります。

衣食住の人の基本的な生活のなかで、食べる事は生きていくために欠かせないばかりでなく、人生の大きな楽しみでもありますよね。

ストレス無く食生活を送るためには"されど歯”なんです。自分の歯の変わりになって頑張ってご自身の”食”を支えてくれる歯には敬意を払って大切にして納得のいく良い治療を受けていただければと思います。

インプラント治療はご自身の歯に置き換わる第3の歯とも言われています。歯科界ではここ数十年の中で最も大きな発明かも知れません。

もちろんそれに変わる治療の選択枝もあります。ご自身にとって最も良い治療法は何なのかできる限り分かりやすくご説明させていただいています。

お口の中の問題でお悩みの方お気軽にご相談下さい。

 

2017.05.10更新

インプラント治療のカウンセリングの中で

どのくらいもつのですか?というご質問が多く聞かれます。

現在の最長のデータは海外では約45年。国内では35年を越え40年近いとの報告があります。

統計的には10年生存率というデータがあります。治療を行ったインプラントが10年経過してもお口の中で大きな問題なく機能している率は90〜95%と報告されています。

永遠に問題ない事が一番ですが、ご自身の天然歯でも歯周病になり抜かなくてはならないことがあります。

日頃から継続的なメンテナンスが必要です。その事によって長期に渡ってご自身の新たな歯としてお口の中で機能し続けてくれるはずです。

歯とは永いお付き合いをしなくていけませんよね!

インプラント治療に興味があるけれど躊躇されてる方、内容がわかりにくいなど、ご不明な点はお気軽にご質問いただければと思います。

 

 

2017.05.09更新

最近ではインプラント治療が認知されて老若男女問わず、治療を希望される方が増えています。

ではインプラントに年齢制限はあるのでしょうか?

答えは「NO」です。

成長期のお子様を除けば年齢には制限はありません。

お若い方から中高年以降の方まで可能な治療法ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

2017.05.02更新

当院では、各種保険外診療につきまして、無料のカウンセリングを行っております。

インプラント、セラミック治療、矯正治療などのお費用、治療期間、治療の種類など、ご自身にあった方法をご提案させていただいております。

普段平日にお時間がとれないかたは、ゴールデンウィークなど祝日を利用して噛みにくい、見た目が悪い、歯がグラグラする、痛い、などなどご自身のお口の中の問題を見直すお時間を作ってみてはいかがでしょうか

見た目を綺麗にする審美歯科はもとより、インプラント治療、親知らずの痛み、その他お口の中の問題を口腔外科の専門的な立場から診査診断させていただいております。

 

2017.05.02更新

5月3日(水)は終日診療を行っております。

5月4日(木)は休診日です。

5月5日(金)は終日診療を行っております。

随時受付は致しておりますが、事前にご予約の程頂きますようお願い申し上げます。

2016.12.29更新

12月28日(水)をもって本年の診療は終了致しました。

29日より1月3日まで休診とさせていただきます。

新年は1月4日(水)より診療を行います。ご予約等は1月4日午前9時30分より承ります。

何卒宜しくお願い申し上げます。

しろもとデンタルクリニック

2016.12.24更新

最近いらっしゃった患者様でこういったお話がありました。

「インプラント治療について何軒か歯科医院に相談したのですが、それぞれの先生がご意見が全然違いまして、何が正しくて、何が適切なのか全くわかりません」とのことでした。

インプラント治療はいまだ基準が曖昧な部分もありますが、大きな本筋は本来ならどこのクリニックであっても違わないはずです。

基本は安全で安定した治療法であって、その中でいくつかの選択肢をご提供すればこんな事にはなりません。

当クリニックでは地域性もあって複数のクリニックを受診されてからいらっしゃる方や、すでに治療を受けられた後に不具合でいらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

そういった患者様にもインプラント・口腔外科治療のセカンドオピニオンなどでお力になれる事は専門医として本望ですので、ご遠慮なくお気軽にご相談下さい。

インプラント・口腔外科治療のセカンドオピニオンならしろもとデンタルクリニックまでご相談下さい。

 

しろもとデンタルクリニック

052-959-5982

前へ 前へ
お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982