2015.12.01更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

虫歯で歯を削った時には、詰め物や被せ物が必要になること、そして、その材料としてはセラミックがきれいで精密に仕上がるためお勧めであることを何度かお伝えしてきました。

実は、このセラミック、歯を削った時意外にも有効活用することができます。
それが「ラミネートベニア」と呼ばれるものです。
簡単にご説明しますと、薄く加工したセラミックの板を前歯に貼り付ける治療方法で、貼りつける歯はあらかじめ少し削っておきます。

歯を白くするだけならホワイトニングでできますが、詰め物がしてある歯や神経が死んでしまった歯やホワイトニングで白くならないため、ラミネートベニアがお勧めです。

さらに、ラミネートベニアは、色を白くするだけでなく形まで調整することができますので、ちょっとした歯の隙間や歯の傾きなどもきれいに治すことができます。

前歯をもっときれいに見せたいという方は、ラミネートベニアという選択肢を検討されてみてはいかがでしょうか?

投稿者: しろもとデンタルクリニック

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982