2015.09.29更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

動物の中には、歯が何度も生えてくる種類もいますが、人間は残念ながら永久歯に生え替わった後に歯を失うと、二度と生えてくることはありません。そのため、いかに自分の歯を守り、健康な状態で使い続けられるようにするかが重要となります。

しかし、どうしても虫歯、歯周病、外傷などで歯を失ってしまうことはあります。
そんな時は、インプラントだけでなく入れ歯やブリッジといった複数の治療方法が用意されています。大事なのは、歯を失ってしまっても、できるだけ快適に噛んだり話したりできるようにすること、見た目も気にならないようにすること、そしてせめて他の歯は残すようにすることです。

最も良くないのは、歯を失ってしまったまま放置することです。1本だけ歯を失っても何とか生活していくことはできますが、歯と歯の力のバランスが崩れて、隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせていた歯が伸びてきたりします。一度そうなってしまうと、他の歯を失うリスクは高まりますし、いざインプラント治療などを受けようと思っても、まずは矯正治療で残っている歯の位置や向きを戻すことから始めなければなりません。

できるだけ歯を失うことがないよう、しっかりと予防していくこと、そして、万が一失ってしまったら、すぐに適切な治療を受けることを忘れないようにしましょう。

投稿者: しろもとデンタルクリニック

2015.09.22更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

インプラント治療を受ける際に気をつけるべき点をお伝えしてきましたが、どのような歯科クリニックが良いか、少しずつお分かり頂けるようになってきましたでしょうか?
ぜひ納得のいくクリニックでお受け頂ければと思っております。

さて、本日お伝えするポイントは、「コミュニケーション」です。
えっ!?インプラント治療でコミュニケーション??と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、インプラント治療こそ、患者さんと歯科医師の十分なコミュニケーションが必要になるのです。

インプラント治療はとても優れた治療方法であることは確かですが、その方法、リスク、費用、期間、注意点などについては患者さんにもきちんとご理解頂かなければ最高の治療成果や満足感を得ることは難しいでしょう。

しろもとデンタルクリニックでは、しっかりと患者さんと話し合いをして、小さな不安や疑問も残さないようにして治療を進めていくようにしております。どんな些細なことでも遠慮なさらずにご質問頂ければと思います。

投稿者: しろもとデンタルクリニック

2015.09.15更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

今回は、インプラント治療を受ける歯科クリニックを選ぶ際の4つ目のポイントにお伝えさせて頂きます。
それは、幅広いケースに対応できるかどうかです。

インプラント治療では口腔外科手術が必要なため、効果や安全性を考えると、「これはできる」「これはやめておいた方がいい」というのがあります。その見極めがきちんとできることはもちろん重要ですが、どこまで「できる」かもとても重要です。

通常、骨が少ない方にはインプラント治療を行うことは難しいのですが、しろもとデンタルクリニックでは、骨造成で骨を増やしたり(こちらについては以前このブログで記載させて頂きました)、傾斜埋入法と呼ばれる特集な方法でインプラントを埋め込んだりすることで、インプラント治療が可能になることが多々あります。

他の歯科クリニックで「インプラント治療はできない」と断られてしまった方でも、しろもとデンタルクリニックであれば可能なことがありますので、諦めずにご相談にいらしてください。また、どのようなケースでも安全性第一の治療を行うことに変わりはありませんのでご安心ください。

投稿者: しろもとデンタルクリニック

2015.09.08更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

インプラント治療を受ける歯科クリニックを選ぶにあたり、前々回は「歯科医師の腕」が、前回は「細部まで見れるルーペ」が大事であることをお伝えしました。

本日ご紹介するのは、インプラント治療を行う前の検査についてです。インプラント治療では、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込む口腔外科手術を行います。そして、顎の骨の状態や厚みや高さ、そしてその周囲にある血管や神経の位置は、人によって異なります。これらを正確に把握していなければ、治療後すぐにグラグラしてしまうことや、手術中に重大な事故が発生してしまうリスクがあります。

しろもとデンタルクリニックでは、そんなことにならないよう、あらかじめ歯科用CTでお口の中の様子を三次元画像で細かくチェックします。レントゲンは平面に投影させた画像なので、それだけでは見落としてしまう点もあるのです。

治療成果にもリスク管理にも重要な事前検査。インプラント治療をご検討されている方は、歯科用CTを導入しているしろもとデンタルクリニックへご相談ください。

投稿者: しろもとデンタルクリニック

2015.09.01更新

みなさん、こんにちは。
しろもとデンタルクリニックの院長、野村です。

だいぶ気温が下がってきましたが、体調を崩されないようお気をつけください。
体調が悪くなると歯にも影響が出ますので、何か気になることがありましたらお気軽にご相談にいらしてくださいね。

さて、前回から、インプラント治療を受ける歯科クリニックを選ぶポイントについてご説明しております。前回は、歯科医師の技術や知識が重要であることをお伝えしました。

本日ご紹介するポイントは、いかに精密な処置をするための環境が整っているか、です。もちろん歯科医師の腕は大事ですが、それを支える環境も欠かせません。

しろもとデンタルクリニックでは、少しでも細部の処置を正確に行えるようにするために、高倍率ルーペを使用してインプラント治療を実施しています。
人の視力だけで認識できる細かさには限界がありますが、ルーペを使用することで、肉眼では見えないスケールでの微調整が可能になるのです。

インプラント治療を受けるなら、細部にまでこだわった処置を行うしろもとデンタルクリニックへご相談ください。

投稿者: しろもとデンタルクリニック

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982