2017.12.16更新

セラミック治療を行う場合、比較的歯を削る量が多くなります。

このため歯の内部にある歯の神経(歯髄)を除去することが必要になる場合があります。

当院ではなるべくそれを避け歯髄を温存できるように心がけています。

歯髄は刺激に反応して炎症を起こします。このためセラミック治療に際しては熱を抑えるため、常に新しい良く削れる2重にコーティングされたダイヤモンドバー(削る道具です)と、注水効果の高いカボ社製のタービンを用い歯髄への刺激を最小限にとどめるよう心がけています。

綺麗になるばかりじゃなく、健康的なお口の環境も大切にしたいですよね。

 

健康的で美しいセラミック治療をご検討の方是非当院までご相談下さい。

しろもとデンタルクリニック

052-959-5982

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982