2017.12.15更新

インプラント治療には十分な量で質の良い骨が大切です。

量はわかりやすいですが、骨質とは何のことでしょうか?

ここで言う骨質と適度な密度と表面の皮質骨と呼ばれる部分の厚みを指します。

インプラントには骨は硬すぎてもダメですし柔らか過ぎてもダメなんです。

なので柔らかい骨質の場合と硬い骨質との場合とでインプラントを埋め込むための骨の扱い方を変える必要があるんです。

経験的な要素が大きいですが治療を成功に導くためには重要なファクターです。

手術は様々なテクニックを用いてベストな方法を選択しながら進めていきます。

手術中はのんびり考えることはできません。その場その場で的確に素早く判断しながら成功させます。

こう言った判断力とスキルが口腔外科専門医の強みです!

インプラント治療を検討の方是非当院までご相談下さい。

しろもとデンタルクリニック

052-959-5982

お問い合わせはこちら TEL:052-959-5982
メールでのお問い合わせ/お電話でのお問い合わせは052-959-5982